投資用物件を見つけ出す

投資用物件を見つけ出すのはデートをするようなものだ。時間とエネルギー、
お金をかけるのだから、賢く選ばなければいけない。大きな夢に向かつて一生懸命に努力する
それは、それこそ結婚生活のように長期にわたる契約になるかもしれない。
誰とでもデートするのと同じで、何でもいいから古い物件を買おうとするのは
膨大な時間のむだになりかねないし、大変なお金がかかることさえある。

ただしい選択をするには目標の設定、チーム作り、マーケットの評価と絞り込みが必要であることがわかる。実際に物件を選ぶ、までには多くの準備が必要になる。そしてあなたが探すべきものは、美人コンテストの優勝者である必要はなく、むしろダイヤの原石だ。これこそが最大の可能性を秘めたものであるように、最終的には利益を意味している。何度も言うが、この段階からしか始めない投資家は、物件探しに懸命になるが、準備作業を完全にすっぽかしている。そんなことだから、不動産に「リスク」という言葉がしょっちゅうつきまとうのだ。物件を選ぶ前にかならず手助けしてくれるチームを作り、目標を決め、マーケットやサプマーケットを選ぶ作業をすませるべきだ。それをせずして物件探しをしてはならない。もちろん人や情報をある程度信頼することも必要だが、わたしはいつも次のように戒めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です